09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

C2H2取り扱い研究所

猫派甘党ベーシスト

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ROCKIN'ON!! 

現在における「ロキノン系」は、狭義では94年に「ROCKIN'ON JAPAN」が
誌面をリニューアルしてから主に扱う、UKロックやUSオルタナの流れを汲んだバンド群を指すが、
広義ではインディーズから頭角を現したグループ、
ロックフェスに出演するアーティスト全般(例外あり)を総括して「ロキノン系」とする風潮もある。
前者では所謂下北系ロックバンドが中心となるのに対し、
後者では一般的なロックバンドはもとより、HIP HOP、ポストロック、
プログレやノイズバンドなど、大型フェスや不特定の音楽雑誌には出るが、
ジャンル的にロキノン本誌には馴染みが薄いアーティストまでも含まれる。
これは90年代後半以降、ロックフェスの浸透やインディーズバンドの台頭などが起こったため、
芸能メディアを積極的に活用しLIVEで大量動員を行うアーティストと、
フェス・ライブ、雑誌・ラジオといった媒体を中心に活動するアーティストとを
二分するための単語として、ネットを中心に広まった。

80年代後半~90年代初頭のバンドブーム期、一時的にヒットチャートと繋がった
インディーズ・ライブハウス出身といった背景を持つバンドは、
90年代後半以降からチャートの一角を定期的に占めるようになった。
当時、姉妹誌の創刊などもあって影響力を増し、
業界におけるそういったバンドの共通したムードを象徴する存在にあったのが、
雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」だったことから発生した単語だと思われる。

ただし、上記のような出自のアーティストでもHR/HM系やヴィジュアル系バンドは
「ロキノン系」という言葉が登場した90年代後半頃には独自の固定層を既に形成していたため
住み分けが行われ、結果、ロキノン系と呼称されることはない
(今の「ロキノン系」に当たるファン層は当時は漠然と”コアなロックファン”のように認識されていた)
これは実際にバンド側が参加する各々のフェスの顔ぶれなどにおいても顕著で、
ファン形成の中心となる雑誌とともに基本的にマーケットの住み分けがなされている。
海外でのオルタナ・グランジブームがもともと
MTVやLAメタルのカウンターであったことも影響していると思われる。

しかし、メタル、ヴィジュアル系バンドも誌面リニューアル前のROCKIN'ON JAPANでは
頻繁に扱われており(主に市川哲史在籍時)現在でも稀に誌面に登場することがあるため、
その境界線は曖昧である。avexのユニットやビーイング系バンドとも一定の距離感を保っている。

ロキノン系という呼称に関してはROCKIN'ON及びROCKIN'ON JAPANに掲載されるような
バンドやアーティストが好きという純粋なアイコンとして肯定的に使われる一方で、
ロックフェス特有のファンのノリや、2万字インタビューに見られるROCKIN'ON特有の
感性重視な視点、一部ファンに見られる選民思想などを
一括りにして腐す否定的な(ロキノン厨等)用いられ方もする。
しかし、雑誌ROCKIN'ON JAPANを読んだことがないがそこに載っているようなバンドが好き
という層もいれば、ある時代までのロキノンは好きだった層や類似誌やバンドそのものは好むが
上記2万字インタビューに代表されるロキノンの雰囲気は苦手な層など、
一口にロキノン系といっても必ずしも雑誌ROCKIN'ON JAPANがその中心にある訳ではない。
故に「ROCKIN'ON JAPANに掲載されるようなアーティスト」を好む、そのファン層もまた様々である。

ともすればコアな音楽シーン全般を一括りにしてしまう漠然としたカテゴリであるため
「ロキノン系」という呼称に否定的な意見を抱く音楽ファンもまた多い。
ROCKIN'ON JAPAN本誌も従来の紙面の雰囲気とは異なる、所謂j-POPシーンに属するアーティストを
突発的に取り上げる事例もあって(上記V系の例と同じくその時々の編集長のカラーによって
左右される部分も強い)その定義について未だに議論が尽きないカテゴリである。

ニコニコ大百科より抜粋・一部編集


範囲が広すぎて結局分からない
実際はっきりとした定義はないってことですか?
こういう音楽はロキノン!っていう定義はないですよね
うーん もはや人それぞれの感覚で決まってる感じがします
まったくわけが分からない


それはそうと
今日は同人誌買ってきたよ!
7冊で\1,400でした さすが富士書店

ローソンのけいおんフェアに行けなかったので
けいおんの同人誌も1冊表紙買いしました

今ようやく袋から出して写真を撮ろうとして

「私の後輩がこんなに変態なわけがない」

やっと今タイトルに気が付きました
なんかそういう同人誌じゃないのにタイトルだけだと卑猥に見えちゃう
まったくもって困ったもんだ
うかつに部屋に置いておけないじゃない

2011112300460000.jpg
これでもオール非エロ

でも今日変態扱いされてたからいいや
もう変態でいいです

明日は中間テストだーぁ
がんばろう
関連記事
スポンサーサイト
2011/11/23 Wed. 00:39 | trackback: 0 | comment: 2edit

この記事に対するコメント

ロキノン系てのはまぁ、音楽形式とか曲作りの特徴とかで区分されるような
ジャンルではないから、俗にロキノン系と呼ばれるバンドに何となく似ている
部分があればその曲もロキノンっぽいと呼ばれるんじゃないかと。

ラズモー #qbIq4rIg | URL | 2011/11/23 11:39 * edit *


祝日も学校あるのか(゜ロ゜;

うえーー #- | URL | 2011/11/23 01:09 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://me353.blog46.fc2.com/tb.php/198-3bc3f583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。